JUGEMテーマ:エンターテイメント 

2/17からスーパードラマTVでシーズン4が始まる「ギャラクティカ」。
以前から名前は番組表で見て「ふーん」っと知らんぷりを決め込んでいたんだけど、
なんとなく観たシーズン3にピシャリ、ハマってしまった。

そこから遡るのこと坂上田村麻呂。
ズンズンと見続けて血圧は絶賛上昇中なのであります。

しっかりと作り込まれたドラマ。
米国産の凄みを見せつけられる。
キムタクが古代くんになったりはしないのですよ。

どのシーズンから観ても面白いと思います、はい。
評価:
---
アミューズソフトエンタテインメント
¥ 9,900
(2008-05-23)


評価:
Norah Jones
Blue Note EMI Music
¥ 1,079
(2009-11-17)

なるほど、ダニエル・ラノワねー。
アマゾンのレビューでそんな指摘があってました。

ゆったりした音の響き、聴き手との距離。
とてもとても気持ち良い。

バンドと別れて作った作品らしいですね。
それは彼女にとって良い選択だったのかもしれん。

立っている場所が羊子さんに近い。

癒されるかどうかは聴く人次第なんでしょうけど、自分の事がちょっと大切に思えてくるアルバムだ。
それは他人を大切に思うこと。
音楽は今日も素晴らしいです。

無料宣伝+販促相談会社(なんだそれ)の仕事仲間のサカモトちゃんがブログを更新してくれた。

しかも気になる平戸のこと。
ほんわかしたサカモトちゃんの人柄がにじんでます。
花婿募集中!です。


僕のほうはボランティアな仕事ばかりで苦労をかけてますが、これはこれで先の為のことやもんね。
サカモトちゃんは自費で簿記2級へ挑戦を始めました。
人によって簡単難しいはあるんだろうけれど、自分で道を切り開く仲間がいるとうれしいです。

JUGEMテーマ:音楽

昨夜というか早朝まで制作魂止まず。
降りしきる雨止まず、みたいな空気に包まれた愛のない病室です。

その制作の結果は追ってお知らせします。
結構頑張ったつもりなので、良いものになってくると思います。


さて、頑張る中でもわからない事もあってポッドキャストとかインターネットラジオとかどげんすればいいとやーと思う中、水戸さんの番組発見。そして発聴。




澄田さんが相方で話してあるわけですが、面白いのですよこれが。
ただ身内ネタを面白がって話すのとは違い、間が素敵。
ライブのMCもそうですが。




なんだか、発信作業をコネコネ毎日やる日々が続いているんだけど、新陳代謝が良いんでしょうね、苦にならない。

自分の発信は音楽が基本だけど、周囲に居るキラキラ輝くどす黒いおっさん達や姐さんを、素直な優しい皆様にお届けする方法を考えています。
基本は余計なお世話ですし、自分のご飯を半分にできるくらいの気持ちが持てる事がルールかな。「シーン」とかはよくわからないし、見た事もないので知りません。



そんな僕も病院の都合で明日、退院になりました。
「大丈夫そうだし、患者さん増えたんで」という事。
あざーっす。

ざっくりと生きていきます。
お見舞いとか差し入れとかありがとうございました。

さあ、残りの仕事にかかります。

 

つまらない事で怒ったり、ガッカリしたり、イライラしている場合じゃない。
笑っていたいッス。

 ども、です。
出張が多く、MacBookも開きにくい時・・。
僕は携帯でiGoogleにてアレコレ確認しています。
結構便利ですので、オススメです。

ブログ等のRSSもこれで拾っています。


さて、今回は以前お仕事させてもらった「力の源通信」で繋がったブロガーの皆さんをご紹介します。通信の中でのブログは役目を終えましたけど、面白くって僕は未だに皆さんのブログをiGoogleで読んでいるのです。


まずは、ゆたさんの「八百屋日和」。
ほのぼのかつセンスの良い文体が楽しいです。


次にレコード屋時代の同僚、ハナコの「わたくしおれごにあん」。
今、アメリカはオレゴン州でカジノディーラーをしながら、かなーり旨そうな料理をバンバン作っています。


そして人気ブロガーでもある55aiaiさんの「GO!GO!ハンバーガー」。
写真もご本人も美しいのであります。
ハンバーガーもこのブログを読むと食べたくなるのです。


仕事仲間である株式会社チカラからは、
代表の元木くんの「言葉のチカラ」、
経営されてあるBARのブログ「アフター・ザ・レイン」、
ライター・山田さんの「その一杯が食べたくて」。

チカラさんはライターが集まったオフィスでもあるので、皆さん文章が面白い!
勉強になるッス。


欠かせないのは山口最高の海苔屋さん=田辺海苔店のタケシさんの「瀬戸内ナチュラルライフ」。弁当男子は必見です。


ミュージシャンのココエさんの「ココエのおいしい日常」。
音楽も文章も華麗です。


まだまだあるんだけど、リンク疲れ?なので今回はここまで。
一度覗いてみてくらさい。

JUGEMテーマ:ビジネス
 
藤沢数希氏のブログで紹介されているこの本。
対談の書籍化でサクサクと読みやすいです。

事の本質が果たしてそうであるかどうか、
それは自分の頭で考えるべきだけど、上の世代から「あるべきイメージ」を押しつけられる事が多いのは事実。

無茶であっても近づける努力をする中で学ぶ事もあるから無駄だとは思わないけど、間違いは間違いだからなあ。
管理者までの道は直線だけど、そこから先はぐにゃぐにゃの曲線。
どちらも必要な働き手には違いない。
太い線になるように互いの現場を向上させたいですね。

 
JUGEMテーマ:ビジネス

使っています、グーグルカレンダー。



グループウェアをあれこれ試して辿り着いたのがコレ。
無料というからにはデータは流れていくのだけれど、そもそそそんな秘密も無いし。

カテゴリーやクライアント毎に色分けをしていれば、何に時間を割いているか色のイメージでつかめるのが楽しい。
また、僕の仕事は企画や提案を書く事が多いのでザックリとした予定通りには進まない。
如何に修正し、ゴールを目指すかがコツなので、秘書役をコレにしてもらっているわけです。

docomoだったら携帯からも使いやすいツールもあります。


そういうわけで今日はいくつかに分かれているブログを統合しようと思います。
宅嶋のブログはこれでー。

では、また。

評価:
セドリック・クラピッシュ
角川エンタテインメント
¥ 2,475
(2006-11-24)
コメント:「あなたの欠点に夢中なの」この台詞で撃沈


ウェンディが駅で言った台詞。
グッときました。
1作目も楽しかったけど、この2作目も楽しめたー。
ひかりTV様々です。

評価:
立川 談春
扶桑社
¥ 1,400
(2008-04-11)
JUGEMテーマ:ビジネス


特別編、として書かれた2編がぐっとこころをつかむ。

真打ちを目指すまでの「赤めだか」な話も、情景が目に浮かんできて「プッ」と吹いてしまい、電車の中で読むにはチト辛い。
また、特別編に至っては読んでいる自分が熱くなり、また「天才」と言われた人の中に棲む「赤めだか」をかいま見た時、(ナニヤッテンダ、ミジュクナオレハー)と頼まれてもいない自己批判を始めてしまい、これも辛い。

じゃあ、辛い本じゃないか、と言われそうだが、
ぐっとこころを掴む本が辛くないわけない。
素敵なモノとはそういうもの。

「素敵なエッセイスト」ではなく「噺家」=立川談春なのだからして、本を読んだ後は早速聴きにいきたくなる。
もう出版社の思うがままの自分が悔しい。
歌舞伎座の親子会だって大枚はたいて観たいじゃないか。
ああ、悔しい。

<<new | 2 / 5pages | old>>
 
たくしま書店
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.