思いがけず4時に起きてしまい、寝直すことも出来ず。

でも作業に埋めてしまうにはなぁ、とかぼんやり思いながらFacebookを眺めていた。

(眼が休まらないので止めたほうがいいらしい)

 

圭一さん率いるHEATWAVE情報が更新されていて目に止まり、山口さんが書いてあると思われるダイアリーをうだうだ眺めているうちに、もうすぐ発売されるというセルフカバーのレコーディングの話がたくさん更新されていた。

 

アレンジされまくったセルフカバーは悲しくて聴けないなあ、と思っていると、どうやら様子が違う。

あの山口洋が過去最高にいい歌を歌えた(意訳)と言っている。

そんな〇〇な。(ファンとしての意見です)

 

色々と揶揄したくなる気持ちをグッとこらえてクリックしていると「灯り」のセルフカバーが聴けた。

これがもう、素晴らしい。

いちばん聴きたかった「灯り」だった。

 

喋りすぎないギターもそうだし、この歌を好きだと思うひとの気持ちを両手で汲み取るようなアレンジ。

それでいて、まっすぐのびてくる歌。

朝から感動しまくるところでした。危ない。

でも、ほんとうに素晴らしい音楽を作って来られたんだなとあらためて敬服しました。

他人のおもいを掴み、音にする、というのは簡単なことではないし、俺にはまだ想像しかできない。

 

エンケンさんに「夢よ叫べ」という名曲があるけれど、誰がやっても再現できない「域」にある。

口ずさむことはできても他人の前で歌うことはない。

歌うなら自分の歌を歌いなよ、と背中をポンと叩いてくれるような素晴らしい音楽。

 

この「灯り」もそうだった。

 

それをわからなくってライブで歌ったこともある。

或る時(俺ならどう描くだろう)と同じタイトルで書いた「灯り」もある。

 

もちろん自分の感じかたも大事だけど、他人がやったほうがいいことは自分でやる必要がない。

でもいつまでもそんな狭い自分の轍にはまっている。

いつまで自分と他人の話をしているのか。

 

世界には自分と他人しかいないわけじゃない。

そう思える音楽でした。

 

新しいアルバムに入るヴァージョンなのか、どうかはわからないけど、セルフカバーアルバムに入っている歌はきっとどれも素晴らしいんだと思います。

 

完成、おめでとうございます。

 

今日も一日、歌っていきます。

 


会社員ではないからと言って健康診断を受けない選択肢はもちろん無いのだけれど、少し想像するだけでも色んな異常値が出た上で各方面からボロカスに言われるのは、とても億劫なのだ。

こっそり行って「あー、ね」と確認する余裕があれば行きたいと思う。

誰のせいでもなく、自分で選び続けた結果が今なのであるからして。死ぬ気で健康になる趣味も、モデルのように健康管理をする実益も俺には無いのだ。


と、ここまで書いて分別がある50歳の文章とは思えなくなって来たのでこのへんで。


ようやく能古気分が溶けてきて、高松に戻ってからは課題にぎゅんぎゅんと取り組んでおります。

一生勉強。


今年参加してみて気づいたのは俺ら50代前後の子供らがすっかり成長していること、それを追いかけるように小学生未満の期待の星がいること。
これから俺や友達は自分の老いを感じながらも、親を労わり見送る大人の時間割で言えば午後のしんどい時間帯。


それもまた楽しい経験になればいい。
楽しさの種類としては苦い感じやけど、最高の歌、最高の演奏をやる機会は必ずある。


能古にいたみんなの顔を見て確信したよ。これはいい思い出なんかじゃなくて、俺らの現在進行形。

酔っぱらい過ぎたけど、やさしい人にたくさん会えて嬉しかったです。

参加出来なかったメンバーもいたから、また色々なかたちでやりたいですね。

カッキン、本当にありがとう。


長いことペパボのサービスを使っているけど、わりと使いにくい。
ニュースの引用が面倒くさい、有料版じゃないと死ぬほど読みにくい、アプリから書きづらい。
あ、悪口ばかりになってしまった。

今までの記事のエクスポートも限りがあるから引っ越しもしにくいんよねー。

また、悪口。
遺憾。

と言うわけで年内に終了して別のサービスに移ろうかなと思いよります。

ボンアハin能古島いろり村。

上村さんにはあえなかったけど、凄く良い時間を過ごせた。

呑み過ぎたなー。

<<new | 2 / 195pages | old>>
 
たくしま書店
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.