無い時間をやり繰りして戦後処理。
書士のセンセに頼む費用をケチるからふりかかる。
たぶんこれは性分なのだ。
わからないまま頼むのが嫌なんだ。
素人でも学べばやれることはたくさんある。
全部やると死ぬけど。


銀行で約1時間放置されたにも関わらず、まったく怒りが沸かない。
それは担当者がすぐ近くで別のクレーム処理で炎上していたから。
いやあ、気の毒。
でも誘発するような弁解の仕方なんだよね。

クレーマーの皆様にお気づきいただきたいのは、長々と屁理屈を並べるのは止めたほうが良い、ということ。
すごく馬鹿みたいです。腹が立った理由は手短に、やってほしいことは手短にそして強く言うべし。
駄目ならいったん引いて押し黙る。
相手から何かを引き出したいなら、自分を利口に見せようとしないことですよ。
屁理屈こいて利口ぶるクレーマーは楽に処理できるもんね。

今日の銀行員さんは苦戦しておられたけど。
人間、自尊心を泥に落としてみせるのはなかなか難しいんよね。


と、泥がいつまでお落ちない俺が言うな。
 

阪神淡路大震災から21年、らしい。
それさえも確認しないとわからなくなる。
事故や災害で亡くなってしまった人を悼む気持ちが無いわけではないけど、暮らすのに必死という言い訳でわからなくなる。
それも本当だけど。

10年、いやもっと前からか、失踪者情報や行旅死亡人情報をよく見ている。
ニュースにならない小さな躓きやトラブルは山のようにある。
違う選択をすれば俺も同じことになる。
生きていればそれでいいとは言わないし、良いこともあるよってくらいで人生はわりとつまらない。

ただ嬉しくなる癖や感じかたは自分で躾けられるんじゃないか。
自分がこの世で一番厄介なものだと知れば。
他人を恨んでる余裕なんか無い。

長くなったけど、6年連続で自殺者が減少したらしい!
この息苦しい世の中でなんて素晴らしいことだろう。
だから良い世の中やね!って言いたいのではなく、本当に自殺者が減るって嬉しいことなのだ。
俺にとっては。


※大嫌いな朝日新聞様からの引用

人口も減っていくのだから自然に減っていくものかもしれないけれど、日々努力されてある関係各所には感謝したい。
あと踏みとどまっている人にも。

頑張るのではなく受け入れて、明日また何かいいことがあったら喜びましょうな。お互い。
 

インターネットを眺めていると震災と人災を経て、分断されてしまったものは大きいなと感じる。人それぞれの現実においては僕に想像出来ない程の欠落したものがある。

そりゃ、当たり前だ。
僕はただ絶望っぽく落ち込んだだけだもの。



■長男、鼻で笑う

バスケットボールに日々向き合う長男が、知ったかぶりの僕にこう半笑いで言うのだ。

「お父さんが言ってんのって、ネットで見た話やろ?」
「その通り出来りゃ、オレこんなところにおらんよ」

嗚呼、お前は物凄く正しい。


何を知ろうともまずは自分を知らねば何処にも行けない。

出来ない事は明日出来るかもしれないし、一生出来ないかもしれん。

そのためには、自分の身体(頭もね)がどうすれば、どこまで動くのか、まずはそこからだったりする。人生は夢や希望や憶測のゴミ捨て場ではなく、事実の積み上げなのだから。

長男はどれほど足が臭くなろうと、ゲームに出る機会を自分で勝ち取る為に、チームメイトに見損なわれないように身体を張る。勉強頭が良いわけでもないので、毎晩のように遅くまで宿題をする。

17歳は45歳より積み上げるチカラに自信がある。くそう。



■お前はどうするのよ、オッサン?

僕がウルトラマンになることは100%無いし(ウルトラマン、居ないし)、インドで暮らすこともないだろう。今の勤務先の社長になることもない。

この国の組織の一員であるために働き、分不相応の金を稼ごうとし払おうとするのだ。
新聞もテレビもインターネットも僕に優しくはない。
家族や恋人(いませんが)や友達さえも甘ったれさせてはくれない。

だからギターを弾いて歌います!ってわけではまったくない。
音楽なんてただの手段、方法。
声出なくなったり、腕なくなったら出来んし。

喪失感と向き合ったり、糞つまらない事を丁寧にやる事は大人の仕事であって、逃げてもしゃあないもんね。



■すこしばかりの

17歳に見下げらたまま余生を過ごすわけではないし、彼や15歳の娘に粗大ゴミ&キャッシュディスペンサー扱いされる事に甘んじるわけにはいかないので、すこしばかりの抵抗をしています。

大事なのは、この「すこしばかり」。

昨日出来た事が今日出来なくなる年齢はもうそこまで来ている。

だからすこしばかりの工夫が必要だ。
昨日と違う基準を見つける事もそうだし、特異点というのは他との比較でしか無いのだから、自分に出来る事を諦めない事もそうだ。
ガッカリしたり、挫折してからの立ち直るスピードだって重要だ。


世の中を変えるチカラを僕やあなたが持っていないかと言えば実は持っている。
でもすこしばかりの、チカラ。

昨日の目玉焼きより今日のが旨ければ僕の小さな世の中は変わんのよ。
SNSの情報より大事なものが山ほどある。

自分の身体、相手の気持ち。
それが後回しになってきたらどんどん辛くなる。

すこしばかりの工夫の中身は人それぞれ。
僕は糞生意気な17歳と不器用な15歳の顔を思い出すようにしています。



僕の世界や住む国はそこからしか変わらない。
・・・ような気がします!

仕事からバタバタと帰ってきて、晩ご飯の支度をしながらBSフジの「プライムニュース」を観てた。

福島県のことだ。

ながらで観るのも良くないし、いっそ消そうかなと思いながら消せない。
いつしかジャガイモの皮を剥く手は止まっていた。



震災と人災が起きて久しい。
何かを知ろうとし、そして多すぎる情報を捨てて考えて、勝手な思い込みをしたり、勝手に傷ついてみたりした。
でもぜんぜんシックリこない。

それがこの番組で出てあった「ふくしま会議」の共同代表の方の言葉を感じていくうちに、違和感が無くなった。「会議の結論なんてない」と言う。
その通りだよなあ。



とてつもなくデカい出来事だけど、ただ逃げずに毎日をていねいに生きるしかない。
どれだけ他人を受け止められるだろうか。
どれだけ社会に参画できるだろうか。

評論家じゃないから、毎日の仕事で答えを出したいな。

僕の歌は答えじゃないけん。


社会の出来事に関心を持って、主義主張は自分の仕事や生活の中で表現してるつもりなんだけど。(相手にされんことが多いけど)
運動に同調しなけりゃ無責任になるのかなあ。
まあ、それもひとつの表現だしね。
俺は好きずきだと思うんだけど。


誤解を恐れずに書けば、何かしらの権力を人は欲しがるしチカラを使いたがるよね。
集まれば大きなチカラになるし、それを動かして変わる現実もあるし。

でも俺はきっとそれが嫌いなんだ。
ひねくれているのです。

従順に生きる術は子育ての為に身につけたと思うけど、正しい事はひとりでやりたい。
個でありたい。



自分の能力なんて鼻くそ以下だけど、世の中は可能性に満ちていると思う。
駄目になる可能性ももちろんある。
鼻くそ以下でもその可能性に挑戦し続ける馬鹿さ加減が俺が子供に渡せる財産。

自分や他人や世の中に絶望する事に飽きよう。

正しい事をひとリでやり続ける、他人の話を聞く、いつまでも泣かない。
そしたら可能性はいつでも自分のところにやってくるんじゃないかと思う。

放射能が怖いらしい。

こう書くと馬鹿丸出しに見えると同時に「なんだよ、他人事かよ」とお叱りを頂戴しそうだ。
叱りたい人は壁にボールを投げるなどして、落ち着いてください。


僕が怖いのは怒り、「憤怒」だ。
怒りは人間の本能だし、それを抑える必要はないけれど激しく怒りを振り撒いたらどうなるか、は考えておく必要がある。

「戦後の日本はアメリカに飼いならされて怒りを忘れたバンビちゃん」とか
「自民党に騙され、民主党にコケにされても平和ボケした俺たち」とか
「薄汚い大企業に虐げられた結果が今の現実」とか
チラシの裏シリーズのような言葉が踊るたびに薄ら寒い思いがする。
だからどうしたいのだろうか。

責任者出てこい!とか言いながら欲をかいた爺さん達を引きずりまわすか。
日本を捨てるか。 

憤怒は子供に伝えたいような内容とはならない。
僕らの中には恐ろしい程の暴力が隠れている。
その暴力をむき出しにしちまうのが憤怒だ。
まさにメルトダウン。


だからこうすればいい、なんて一種類の答えなんて無い。
10人いれば10通りの答えがある(はずだ)。
他人と近づけたい気持ちはわかる。
それは愛に似ているしね。
だからと言って近づかない答えを排除してはいけない。


問題はいつも起こっている。
今は伝わりやすくなっただけ。
できることの種類も変わっただろう。
でも基本は変わらない。


放射能汚染を怖がるあまりに撒き散らされる憤怒のほうが、放射能より人間を壊すと思う。
内部被曝うんぬんではなく、確実に人間を壊す。
少なくとも人間関係は壊れるよ。
人間関係を壊してまで手にいれたい正義があるとしたら、それはとても迷惑だ。
間違っているかどうかは知らない。



離れて暮らす家族が被爆したとしても、僕が被爆したとしても
できる仕事をポンコツな身体に蹴りをいれながらやることに変わりはない。
仕事が無くなったら、探しながらゴミ拾いをするだろう。
何かと引換にした金で子供を育てるだろう。
酒を呑むだろう。
歌を作って歌うだろう。
それは間違いないよ。

僕の人生は誰かに台無しにされるわけじゃない。
著しく侵害されることはあっても、そこから生きるのは自分が決めることだ。
息子や娘が大人になる前にそれだけはもう一度しっかり伝えておきたい。

怒りは毒に似てる。
ある程度は気持ち良い。
そして必要だ。

でも脳みそに毒が回る前に冷静になろう。
他愛もないつぶやきを大事にするのがロックだ。
狂ってばかりじゃ何も聞こえないだろ。


JUGEMテーマ:政治 

ご多分にもれず、前回の衆議院選挙では民主党に投票した。
選挙区、比例区、参議院選挙はそれぞれ違うんだけど、1回は入れた。
その小さな行動の結果が今。

「既存の政党は全部無くなっちゃえばいいのに」
「ガラガラポンしてほしいな」

とか無責任に思ったりすることもしばしばあるけど、自分が果たすべき責任は変わらないのだ。

未来の事はわからないけど、過去はもっとわからない。
友人が以前そう歌っていたけど、本当にそのとおり。

俺の責任は未来だけではなく、過去についてもある。
わからないことに責任を負うほど男前ではないので、できるだけ知りたい。

せいぜい本を読んだり、テレビ局が作ったドキュメンタリーを観たりするのが精一杯だけど、
一番良いのは考えが違う人に会う事だと思う。
「ググって」も良いんだろうけど、人に会うほうが俺は好き。
その好き嫌いの中で感じる責任に対して、重い税金と借金を払い続けるんだろうな。



政治家なんて非日常的な仕事をやってる人に常識を振りかざすつもりはないし、常識を作る仕事なんだからまともな頭でいてもらっては困る。
だから民主党がトンチンカンだとか決め付けるつもりはない。自民党が自分で変えれなかった事は確かに変わったし。(変わった、だけですが)
ただ、政経塾上がりには限界があるんだろうね。
痛々しいことこの上ない。

大臣なんて誰がやっても良いし、やるべきだと思う。
民主的な手続きには限界があるし、そのへんに期待は無い。
国家が国民にご機嫌伺いする必要は無い。


そして俺が果たすべき政治行動は選挙だけだ。
後は半泣きしながら金を払い、子どもを育て、社会に参加する。
人に会い、勇気づけたりつけられたりする。
(でも集会や組合活動は嫌いだから、行かない)




自民党は人材の宝庫だから一回解党しましょう。
国民新党は日本郵政に再就職を。
公明党はあらためて出家。
社民党と共産党は雇用対策の為に党職員を終身雇用で大量採用して下さい。
その他ミニ政党と民主党って差が無いのでここは再編で。

問題は地方議員だよね。
報酬を減らしてもっと人員を増やしても良いんじゃないかな。
議員というよりソーシャルワーカーだけど。
議員より民生委員の充実が大切だと思います。

役人もハードルを下げて色んな人がやれるようにしたらいいのにな。
変わらないために変わり続ける、だよ。


早朝から煮え煮えでした。

■口蹄疫被害で首相、1000億円投入を指示

この記事が出ただけで、「遅いよ馬鹿」とか「ママの金で払えよ」とか
「民主の責任」とかmixiニュースへの日記は口汚いね・・・。
少なくともお前よりは馬鹿ではなかろう、と思うし。


■そもそも民主叩きが気持ち悪い
いや、なんぼ罵っても良いと思うんだけど、それで「今回はみんなの党」とか言うのかな。
自民党でも共産党でも俺は良いんだけど、賢そうな馬鹿よりは堂々とした馬鹿のほうが好きだなあ。党じゃないよね。きっと。


■それよりも法律のこと、お金のこと
何度も勉強できる機会をください。
そんなに自分で資料集めて勉強する余裕は無いんだ。
でも、自分の国のルールくらいは知りたいし(すんごい勢いでアレコレ決まってるぞ)、お金に関しては分かりすぎるくらい分かりたいよ。

大人として恥ずかしい?

うん、確かに。

でも大人だから堂々と小学生用のドリルだってやるよ!
自分の事を棚に上げて他人を罵るのが大人だとは思わん。

あ、自分の事か・・・。

そういう勉強会とかしませんかー。
先月決まった法律のことを知る会(長いね)とか。
田舎の政治家さん、是非そういう機会を。
党に偏らずに教えて下さい。
偏りは面倒です。


■テレビもインターネットも
他人を貶めて笑ったり、罵る側面が強いなあ。
その反対のチカラを大事にしたいな。
褒めること、許しあうこと。

それは気持ち悪いんだろうか。
きっと神経が細やかで頭が良いんだから、人に優しくしたらもっと喜ばれるのに。

俺も君もわりと馬鹿。
すごい間抜け。

うーん。
そういう音楽のほうが楽しそうだな・・・。

やれ、民主党は亡国翼賛会だとか、馬鹿の集まりだとか、小沢は悪魔だとか。
政治家を見下せば賢くなれるような雰囲気が気持ち悪い。

賢い方は是非実践を。

自民党が残念な感じなのは本当に悲しいけれど。
党じゃなくて人だから。
比例代表なんてやめてほしい。

議員になって実現したいこと、実現する為の行程、失敗した時の身の引き方。
それを率直に伝えてくれる実務家が政治家であってほしいな。

JUGEMテーマ:政治

以前のエントリーでも書いたけれど、自民党の落選議員の皆様。
また比例で返り咲いてしまった皆様。

今こそ、国会議員から地方自治体に「天下る」時です。
10月は九州で首長選や議員選があります。
矢部村とか水巻町とか、ね。

大きなうねりを動かす仕事をして来られた人だからこそ、
小さなネジを正常にしていく事に挑戦していただきたいです。

話題作りとか人気取り、だと誹る阿呆は放っておいて。
ほぼ名誉職でしかない、小さな自治体の議員や長を変えてほしい。

ホントは何党だって構わない。
党人であるより政治家であってほしいな。

<<new | 1 / 5pages | old>>
 
たくしま書店
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.