今年は長男が就職し福岡に帰ってきた。

俺は高松から岡山へ引っ越し、と家族に大人が増えればスイングしない日々は増える。

長女はまだ学生だけど(外泊には寛容なので)同じくスイングしない。

それが寂しいと思うよりは少し頼もしく思えるのは俺が適当な人間だからだろうな。

 

これからは子供達から説教される身になっていくのだ。

適当ぐらいがちょうどええ。

 

母の具合が良くないこともあり、福岡に帰ってくることをド真剣に考えてはいるのだけれど、ブラックな環境でしか働いていけない身なのでそう簡単じゃない。でも重たいテーマを抱えて当然の年頃だし、向き合って出した答えが間違っていたとしても泣いてる時間はない。あくまで適当だけれど、人生は楽しいな、と心から思えるようになりました。

これはきっと両親や子供のおかげでありましょう。

細君もそう思えますように。南無&アーメン。

 

 

仕事は長続きせず、我儘かつ大馬鹿。

尊大な自我により時間と金銭を無駄にしてきた俺ですが、出会えたひとがよかった。

知り合えたひとがよかった。そう、みなさんのことです。

 

手に持っているのは安いギター、口にするのは泣き言や甘えだけれども、音楽という馬に乗って旅をしているとたくさんのひとに出会える。他人の音楽と合わせていくと自分の音楽がだんだん聞こえてくる。

来年もまた聞かせてください。俺も時々は嘘をつきながらも正直な音楽を鳴らしていきます。

 

 

1年の最後にiPhoneのプレイリストから2018年によく聞いた143曲を紹介致します。

みなさんのそばにも素敵な音楽が流れる2019年でありますように。

 

 

 

チャンス到来/バービーボーイズ

Thank You Friends/Big Star

魔法のじゅうたん/くるり

Bite Marks/ジョン・ハイアット

Eskimo/ダミアン・ライス

Sensitive Man/ニック・ロウ

No Reply/ビートルズ

Let's Go/ベイ・シティ・ローラーズ

Love Comes In Spurts/リチャード・ヘル & ザ・ヴォイドイズ

Can't Let You Go/レインボー

Debris (Live)/Ronnie Lane Band

Oooh La La/Slim ChanceVincent/王若琳

ひかり/ハンバート ハンバート

台所/ハンバート ハンバート

ぼくのお日さま/ハンバート ハンバート

遮光カーテン/阿部浩二

天王寺ガール/奇妙礼太郎

メロディー/玉置 浩二

とおくに/秋山羊子

LIVE IN 和歌山/竹原ピストル

Forever Young/竹原ピストル

心のユニット/町田康 & 佐藤タイジ

するかしないか/田辺マモル

愛情のしみ /田辺マモル

人生が君のとき/田辺マモル

化け物が行く/踊ろうマチルダ

夜は友達/踊ろうマチルダ

春は夜に咲く/踊ろうマチルダ

FLIP FLOP AND FLY/THE Blues ONE NIGHTS

AND I DO JUST WHAT I WANT/THE Blues ONE NIGHTS

ガーディアンエンジェル/Heatwave

NO FEAR /Heatwave

おなじ話 /ハンバートハンバート

Perfec/Fairground Attraction

Blind Pilot/HEATWAVE

Mayor of Simpleton/XTC

Who Loves The Sun/The Velvet Underground

We're Gonna Have a Real Good Time Together/The Velvet Underground

渚/スピッツ

さわって・変わって/スピッツ

Give It Away/ed Hot Chili Peppers

Crazy Train/オジー・オズボーン

Lust for Life/イギー・ポップ

ゴキゲンRADIO/The Mods

For No One/アンネ・ソフィー・フォン・オッター

Walkin' the Dog/エアロスミス

おだやかな暮らし/おおはた雄一

砂漠に咲いた花/キセル

就職しやがれ !/グループ魂

ハイテンション・パブの反省会/グループ魂

Out of the Blue /ザ・バンド

オレのくちぶえ/さとこ

あしたもし/さとこ

素晴らしき片想い/トムさんず

You Won't See Me/ビートルズ

おなじ話/ハンバート ハンバート

まぶしい人 /ハンバート ハンバート

ぼくの方がいいのに/ウルフルズ

きみだけを /ウルフルズ

MAN HUMAN/電気グルーヴ

今夜だけ/卓球と旅人

All Along the Watchtower/ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス

September Gurls/Big Star

Go for Broke/LOUDNESS

キラキラ/ヤンキーズ

光の子/ヤンキーズ

哀しみは/ヤンキーズ

君はしる/ヤンキーズ

ディスコナイト/ヤンキーズ

恋の歌/遠藤賢司

唄い前夜/安藤裕子

雨が降る/一回転

Maybe, Baby v.2/鬼頭径五

方位磁石 v.3/鬼頭径五

独自のブルーズ/近藤智洋

どこにもないよ/空気公団

かくれんぼのはらっぱ /月下美人

ライオン/月下美人

冷たい月/元木哲三

俺の家は会社/吾妻光良&The Swinging Boppers

ほんじゃね /吾妻光良&The Swinging Boppers

顔のシワ/吾妻光良&The Swinging Boppers

ライムロック/高田渡

言葉にするなら/高木まひことシェキナベイベーズ

痩蛙と紫陽花の葉っぱ /寺田町

チンピラ/寺田町

愚かな恋/寺田町With橋本潤

Rollin' Rollin'/七尾旅人

Happpy/秋山羊子

希望の炎/秋山羊子

小さな罪の小さな罰/水戸華之介

君と瓶の中 /水戸華之介&3-10 Chain

悲しい性欲 /早川義夫

僕らはシークレット/増田壮太

月夜のハイウェイドライブ/中川敬

団結は力なり/中川敬

シャ・ラ・ラ/萩原健一

君が欲しい /友部正人

はじめぼくはひとりだった/友部正人

マリッジイエロー/踊ろうマチルダ

君はセクシー/奇妙礼太郎

Spider Tatoo/Pirates Canoe

Over the Rainbow/Eva Cassidy

リンゴの森 /ふたり乗り

あの町/ふたり乗り

Desperado/イーグルス

Paranoia Key of E/ルー・リード

わたしの小さな世界/本夛マキ

I Wanna Be Your Dog/Uncle Tupelo

In My Head/ジェイムス・ベイ

Just For Tonight/ジェイムス・ベイ

Best Fake Smile/ジェイムス・ベイ

Move Together/ジェイムス・ベイ

So Like Candy/エルヴィス・コステロ

God's Comic/エルヴィス・コステロ

Veronica/エルヴィス・コステロ

Still/エルヴィス・コステロ

Clean Money/エルヴィス・コステロ

All This Useless Beauty/エルヴィス・コステロ

Pale Blue Eyes/The Velvet Underground

BLACK SHOES ~気絶するほど悩ましい/BAHO

(Feels Like) Heaven/Fiction Factory

Move Together/ジェイムス・ベイ

The Fight Song/マリリン・マンソン

Bohemian Rhapsody/クイーン

Save Me /クイーン

Play the Game/クイーン

エイリアンズ/のん

こころとあたま/チャットモンチー

染まるよ/チャットモンチー

Miss You/ザ・ローリング・ストーンズ

帰って行く場所/TOMMY&AJI

深夜高速/フラワーカンパニーズ

銀の腕時計 /水戸華之介

見事な夜/水戸華之介

ワルツ/森 香

旅立ち/大江健人

Rockaway Beach/モーターヘッド

Enter Sandman/メタリカ

ひこうき雲 /ハンバート ハンバート

How Can a Poor Man Stand Such Times and Live (Live)/ライ・クーダー

僕を信じて /ジョン・ハイアット

 

※写真界の女神、泥酔チヨリさんによるBRF'18の1コマをおすそ分け


 MO:GLAのライブで聴いた「わたしの小さな世界」がたまんなかった。
体中の小人が鼻の頭に集まって殴り合った結果、鼻の頭がジーンとしてしまい泣いてしまう。
恐怖のアレです。

 

 このアルバムの2曲目から6曲目は彼女が高校生の頃に作った歌を今の彼女がプロデュースしたという。
4曲目「僕はここにいる」の冒頭。
「これくらいなら傘をささないほうが考えることが少なくていい」
こんなこと高校生に言われたら台風情報を伝えるレポーター並みに豪雨に打たれて自省したくなる。

なんて素敵なんやろう。

 

 そんなことを思ったのは僕だけではなく、彼女は高校生の頃からファンを獲得していった。彼女は「アナム&マキ」としてライブ活動をし、その後デビューをし多くの人から愛されるミュージシャンになっていった(らしい)。

 福岡で調子に乗ってドツボにはまっているだけの僕はそんな情報を知らなかったけれど、知ること、感動することに遅すぎることはない。僕にとっては凄い「新人本夛マキ」である。

 

 彼女のギタープレイにハマる日もあれば、音楽と人への愛情にハマる日もある。その中でも一番ハマるのは、彼女が持つ「小さな世界」に触れたと思うときだ。それは自分の小さな世界を揺さぶり共鳴する。音楽って個人的なもんじゃないっすか。それが共鳴するときって「大きくなる世界」を感じれる。ほんの一瞬。

 

 彼女の歌を必要とする「小さな世界」を持つひとはきっと山ほどいる。音楽なんか普段の生活と必要としないひと。音楽を好きなひと。どちらからも愛されると思うけれど、本夛マキはぜひ前者にたくさん聴いてもらいたい。ミュージシャンなんかどうでもいい。あ、叱られそう。

 

「わたしの10代」。買って良かった。

 

 

※ジャケ写が斜めってるのはへそが曲がった僕が撮ったやつだからです。本物はキュート。


THE HEALSのライブについてFacebookで友人とやりとりしていて、ふと気づく。

懐かしんでいるわけじゃなくて、その部分は自分の中で生きている。

 

同じ場所でジャンプし続けているのかな。

スポットライト理論?

 

死んでしまえば、更新されることはないから、思い出を上書きしていくのかもしれないな。

でも死んでも上書きされないやつもいる。

 

こいつを思って呑んだり歌ったりできる夜をやりたいなあ、と数年前から思っているけれど、実際に腰をあげて動いたことはない。

特に今はカッキンが能古島でのライブをやってくれているから、みんなにも会える。

誰かを思って呑めるほど、まだ歳を食ってないってことなのかな。

単に僕が薄情だということかもしれんけど。

 

今日はもう働くライフポイントがゼロです。

明日はもうちょっと頑張ります。

 

 

 


気がつけば呑みに行くのはほとんどがライブ関係ばかりで、グルメな店に行ってみようと思ったことがあまりない。

以前は接待のようなこともしていたので、もてなす人が喜ぶような店を探していたけれど、あんまり得意でもない。

 

中学校の同級生女子はそのへんの感度が高く、美味い店をよく知っている。

今回は彼女らのチョイスに乗っかり行ってきました。

 

 

接客も気持ちがよく、料理も美味い。

繁盛するお店ってそうなんだろうなー、とか思いながら飲み放題メニューをバカスカ呑んでいました。

 

 

酒席でも感じてそう話していたんだけど、年をとっていくと女の子はたくましいおじさんになり、男はめんどくさいおばさんになっていくんだと思います。僕自身、おばさん化が進みよるな、とこの日は思った。ふふふ。

 

 

ふふふ、じゃねえか。

 

 

以前も書いたけど、中学校の同級生はなんとなく特別で、親戚よりも身近に感じることがある。

もちろん圧倒的に他人で、みんなそれぞれ家庭や仕事を積み上げてきているから、意見が合わないこともどんどん増えるよね。

でもそれがいいな、と思ってる。

考え方は違うけど、あいつもこいつも好きだ、でいいんじゃないか、と。そこはたぶん共通してるんだろうな。

 

 

「なんでいつまでもバンドやらしようと?」

「なんかそれでいいことあるとね?」

「ちゃんと年とりーよ」

 

とは誰も言わないけど、時々は伝わってくる。

そりゃそう思うよね。

 

 

自腹でミュージシャン気取りもたいがいにせえ、と自分で思うこともある。

ただ、自分で歌を書いてライブで歌うのがおもしろくて止めることができないだけで。

そんな中学51年生です。

 

 

酔っ払ったおじさんが家族へのお土産を大事そうに見てる顔が大変かわいらしかった。

あんた、最高。


ばんばんと机仕事のタスクが溜まっていく。

 

「お前の技能ちゃ、おパソを少々ぐらいやろうが!」と今は亡き上司にからかわれていたことを思いだす。

そう、なんでもひと通りはやるけれど、なんのスペシャリストでもないし、特にセンスも無い。

見本や手本を探してそれに近づける、だけなので。

それでも近年は毎年のように新しいソフトを覚えていくのが辛うございます。

 

それでもお願いしていた機材をようやく買っていただけたのでボロいDELLを小突きまわさずに済みます。

ありがとうございます。ありがとうMacBookAir。

 

 

広島へ出張し、数年振りに会った仲間に仕事の相談をする。

僕にとって数少ない仲間。

ありがとう、また相談するよ。

 

その後、終電まで横川で呑んでやろうと思い移動。

広島に住んでいたころは、職場が横川だったので呑むのも横川が多かったもんね。

 

漢方先生のギタリストであり、肉の神様でもあるチカラくんがわざわざ出てきてくれ、酒に付き合ってくれました。

2軒目には超久しぶりにフランス座にも行きました。

そんなこんなしてたら終電を逃し、ホテルもカープ戦で馬鹿高い値段で泊まれず、チカラくんの家に泊めてもらうことに。

 

迷惑オンザ51歳。

旨い朝ご飯までいただいてきました。

チカラくん、ありがとう。

鼾、すまねえ。

 

今日は今日とて初めてMO:GLAで歌うのです。

歌うことに集中して酒を控え、帰宅して仕事をする予定なのですが、大丈夫かな。

 

お通しにバゲット。

黒ビールにあう。

 

 

チカラくんと。

思い出した。僕はガチャ目やったんや。


<<new | 1 / 201pages | old>>
 
たくしま書店
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.