長男にも長女にもあまり塾を勧めなかった。

 

経済的な理由が8割だけれど、それが成績向上につながるとは思えなかったのも事実。

二人とも、特に長女は高校に居残って勉強し進学した。

今考えれば、塾であろうとどこであろうと、彼らがやる気であればちゃんと成績向上に役立てることはできたんだ、と思う。

俺が貧乏ゆえに独学を押しつけたに過ぎない。

 

申し訳なかったなあ。

まだ、終わってはいないけれど。

 

 

この「申し訳なかったな」「悪いことしちゃったな」という感じ。

 

 

これは父が晩年、俺に言ってくれた言葉でもあった。

 

町の本屋の親父に収まりたくない、高度成長期のパワーをフルに発揮したい父は、店舗拡大に飽き足らず、学習塾の経営に乗り出した。「青雲学館」という微妙なネーミングの塾のFCをやることにしたのだ。

 

少年野球で補欠のピッチャーだった俺は、春休み、夏休みのたびにその生徒として父の経営する塾に参加した。

それは父の勧めによるもので、「申し訳なかったな」「悪いことしちゃったな」というのは、野球をやりたかった俺を無理矢理塾に引き込んだという思いがあったそうだ。

 

小学校では学級委員に立候補してなったり、お調子者を気取って逆に虐められたり、勉強はそこそこできたけど、スポーツもそこそこで、いわゆる残念なタイプのお坊ちゃんだった。

ひとりであまり他人には言えない妄想をしながらも、どこかそういう自分が怖くて、常に友達と居たかった。

へたくそなのに続けた少年野球もそのチームに居たかったからだ。

補欠のくせにコーチボックスに立つ時は自分が主人公のように思ってオーバーアクションする痛い子供だった。

 

だから親父の勧めではあっても新しい仲間がいるであろう塾に行くのは嫌じゃなかった。

たぶんそれはそれで楽しかったはずだ。

この写真はその塾のみんなとの写真。

 

真ん中の一番奥でチョケている。

たぶん誰か好きな子でもいたんだ。

めっちゃ楽しそうやんか。

 

どんな環境でも楽しくなるもんだ。

長男、長女もそう思ってくれたらいいな。

 

 

 

それだけ学習環境を整えていただいたにも関わらず中学受験には失敗し地元の中学に進んだ。

ギターを買うために新聞配達をすれば煙草を見つかり、

悪目立ちをするたびに職員室で正座やビンタやキックをいただく等、若干の進路変更はあったけど、長く付き合える同級生と会えた。

 

最高じゃないか、と思う。

俺にとって。

 

どんどん父に似ていくよ。

 


高松暮らしの軸は原付バイク。
豚が原付にまたがるショータイムを日々繰り広げています。




高松から徳島、たまには松山まで4時間かけて行ったりします。

中古で4万だったかな?
既に修理代は3万を超えているけど、新品は性に合わないんすよね。貧乏人である理由そのもの。

今日はナンバーを高松ナンバーに変えて自賠責保険の更新。ついでに自宅からはちょっと離れた場所にあるバイク店にブレーキ調整をお願いしに行った。


「これはもう、シューを交換しないといけないですね」

シュー?

なんかいい響き。

おいくらかかるのかと聞けば片方5000円くらいだと。

軽く絶望感が漂ったけど、これからも乗るしケチるとこ違うやろ、と脳から殴られてすぐお願いすることに。

取り寄せが届くまでしばらくは注意して乗らんとね。


ってさっき検索したら相場は3500円じゃねえか。くそう。

でも、店の佇まいと店主の人柄が良いからいいのだ。なんせ名前が白川さんやしね。

金より大事なもの。
それは気持ち。すぐ後悔するけど。

ようやく二日酔いから脱出。

昨夜は50歳記念の同窓会だった。
中学の同級生は仲が良く、呑み会をよくやっているけど、全員に呼びかけての開催は久しぶり。

卒業以来会ってなかった人や、幼馴染にも会えて嬉しくて楽しい時間だった。

何というか性別を超えて仲がいい人が多く、そういう関係が気持ち良い年齢になったんやろうね。

田舎の中学だし、みんな親戚みたいなもんやしね。


二次会はTUPELOを使ってくれて延々呑み続けました。「あんた達ゃよう呑むね!」とフジキ兄も歓待。


ノリで2曲歌ったのは蛇足でした。
今朝起きて激しく後悔したもん。

でもCDが2枚売れた。
タツミ、チカちゃん、ありがとう。

また会えるといいな。







8年前になるのか、左踵を複雑骨折して手術した。今でも左踵には金具や輪がいくつかある。

そのせいなのか、単に身体がボロくなってきたのか、びっこ引くぐらい痛くなってきた。

見ると関節付近が腫れ上がっている。



これは、



面倒くさくなってきた。


痛みに慣れるしかないかなー。

変わらない先輩はありがたいもんです。
以前の勤務先の先輩であり、雇われ社長時代を支えて下さった年下の先輩。
この方の信頼は裏切れない。


松山にて。
先輩、ご馳走さまでした!


<<new | 1 / 185pages | old>>
 
たくしま書店
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.